脱毛お役立ちガイド

【12】知っておきたい永久脱毛Q&A|絶縁針脱毛編

一般的な質問はこちらレーザー脱毛の質問はこちら個別の質問はこちら

絶縁針脱毛は、一生はえてきませんか?
絶縁針を使うことにより、確実に毛乳頭を破壊させるだけの強い電力出力で脱毛していきますので、永久脱毛と言えます。ただし、高度な技術が必要です。
針代はかかりますか?
針はB型肝炎の感染等の問題もありますので、個々の患者さんに購入いただいております。
手、足、ワキなど、基本的に一回で何箇所くらいできますか?
時間と費用がかかりますが、基本的には何箇所でもできます。
針が通っている最中に動いたりしたらどうなりますか?
激しく動けば、ヤケドになることもあります。
脱毛した後、何日くらいで赤み、ハレはひくのですか?
これはトラブルではなく、絶縁針脱毛後に見られる症状です。通常は1週間程で普段の肌の状態に戻ります。
毛穴に針を入れることで、毛穴が広がって目立ったり、鳥肌状になることはないのですか?
ありません。脱毛した後はきれいになることが多いです。
ワキの脱毛でワキガが治るというのは本当ですか?
ワキガはワキの毛根にあるアポクリン汗線と呼ばれる皮脂線の存在が一番の原因と考えられています。絶縁針による脱毛では毛根周辺を広く電気凝固することができるので、ワキガも軽減できます。それはアポクリン汗線の一部も同時に破壊することができるということと、毛がなくなるからなのですが、ほとんどのアポクリン汗腺はまだ、毛穴の奥に残っています。腋臭の治療には、針脱毛を応用した皮脂腺凝固という治療方法があり、手術をしないのに一定の効果を挙げています。
針とレーザーはどう違うのですか?
針脱毛は、毛穴に沿って絶縁針を挿入し、毛根に電気を流して破壊していきます。一度処理した毛穴からは生えてこないと言われているので、永久脱毛をお望みの方に適しています。レーザー脱毛は、医療機関の医師が扱うことが義務づけられている医療用レーザーで、しみ、そばかすの治療に使用されております。レーザーがメラニンの色素(黒色)に吸収される性質があり、吸収された熱の放熱で周囲の組織(毛の発生組織)を破壊します。
針脱毛に比べてレーザーの方が、毛が再生する可能性が高いのですか?
一度照射すれば、休止期の毛を除いたすべての毛包が完全に破壊されるかというと、そうでは ありません。その日の毛の状態と器械の出力の関係で、完全に破壊されない毛包がいくつか残っていると考えるのが自然です。しかし、これまでの経験から言っても、毛の再生率はそれほど高くないと考えています。
完全に一生脱毛したいなら電気針脱毛をした方がよいのでしょうか?
適切な照射を行えばレーザーでも一度反応した毛は生えてきません。しかし産毛は残るので、基本はレーザー脱毛、最終的な仕上げを針でという方もおられます。汗の量が多いとかニオイが気になるという方には針脱毛をお勧めします。