脱毛お役立ちガイド

【8】医療レーザー脱毛VS.絶縁針脱毛

クリニックで受けられる「医療レーザー脱毛」と「絶縁針脱毛」には、それぞれ向いている場所や特徴があります。

自分に合った脱毛法を選びましょう!

協会の運営する情報サイト「絶縁針脱毛とレーザー脱毛を比較|脱毛の知恵袋」にも図を用いて判りやすく書きました。そちらもご覧ください。

ココが違う!医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛
No. 医療レーザー脱毛 絶縁針脱毛
痛み 個人差はあるが輪ゴムをはじいたくらいの感覚で痛みは少ない。 皮膚に針を刺して通電するときに痛みを感じる。
痛みを減らす方法として冷やしながら行う「冷却法」や「麻酔法」もある。
時間 両ワキで10分程度と短時間で終了する。 平均的な毛量の人で両ワキ1時間~1時間半が目安。
回数 3~6ヶ月に1回ぐらいが効率的なサイクル。
完全脱毛までは両ワキなら5~6回、1~1年半くらいかかる。
2ヶ月に1度くらいが効率的なサイクル。
完全脱毛までは両ワキ、平均的な毛量の人で5~6回、1~1年半かかる。
メリット 脱毛する時間が短い
広範囲にわたり脱毛ができる
毛を伸ばさなくていい
1本1本確実に脱毛できる
色素沈着している場所や日焼けしていてもOK
注意点 日焼けや色素沈着のある場合は脱毛できない
うぶ毛や細い毛なども一般的には不向き
脱毛後1週間は日焼けに注意が必要
脱毛後、毛穴が赤くなったり腫れたりすることがある
毛を伸ばしておく必要がある
痛みがある
費用 クリニックによってばらつきが大きい。 毛量に個人差があるため時間制になっている場合が多い。