日本医学脱毛協会とは
永久脱毛
針脱毛
レーザー脱毛
料金のご案内
加盟医院・病院
取材記事のご案内
ご相談受付
資料請求
会長プロフィール


〔レーザー光線〕
レーザー光線の発見は意外と新しくて1960年に米国のメイマン氏が発見しました。
専門的な説明は難しいので省きますが、簡単に言うと単一指向性の強い人工的な光を
レーザー光と呼びます。具体的には、プリズムに太陽の光を通すと
虹のように七色に分かれた光が出てきますが、レーザー光は単一なのでプリズムを通しても、
もとの光の色しか出てきません。これがレーザー光の特性です。
このレーザー光が持つエネルギーがその後の研究開発により、
あらゆる分野において利用されるようになりました。
最近ではコンピューター関係が多くの脚光を浴びています。
光ディスクとか光通信などは耳にした方も多いでしょう。
医療分野では眼科での網膜はく離治療が始めで、現在ではがん治療にまで活用されています。
それもこれもレーザー光の持つ波長特性を利用しています。
美容皮膚治療でもこの単一の波長特性を利用して脱毛やシミ・アザなどの治療に効果を上げています。


Copy right (C)2001"Nihon-igaku Datsumou-kyoukai" All rights reserved.



脱毛 脱毛相談